防災士試験の過去問を無料でダウンロードしてアプリで勉強する方法!

資格

[PR]  この記事にはプロモーションが含まれています。

こんにちは、防災父さんです!

・防災士の試験勉強は、過去問を使ってスマホのアプリとかでできないの?
・なるべくお金をかけずに(できれば無料で)できないの?

そんなお悩みにお答えする記事を書きました!

防災士試験の過去問は、Amazonなどのネットショップで売られていますが、防災士教本と同様にA4サイズの分厚い本なので、持ち運びには不便です。

試験勉強のためにまとまった時間が取れない場合、問題集をスマホに入れて、通勤通学やスキマ時間に勉強できたらいいですよね。

そういったニーズに応えるため、Amazonでは電子書籍(Kindle本)が売られています。

しかし、

・電子書籍って一体どんなふうに読めるのか
・電子書籍リーダーの無料アプリはどうやって使うのか
・電子書籍リーダーの無料アプリって使いやすいのか
・スマホで問題演習はできるのか

等々、色々気になります。

また、防災士の資格取得にはお金がかかるので、できればこれ以上の出費は抑えたいですよね。

そこで、ここでは、防災士試験の過去問の電子書籍を無料でスマホにダウンロードし、電子書籍リーダーの無料アプリで読みながら、スマホだけで勉強する方法をご紹介します。

さらに、問題集の問題文や解答を本として読むだけでなく、問題演習もスマホだけで行う方法もご紹介します。

この記事を参考にすれば、ノートと鉛筆がなくても、いつでもどこでも試験勉強が出来るようになるでしょう。

それでは、早速、いってみましょう!

防災士試験の過去問を入手する

まず、スマホで勉強するには、防災士試験の過去問を入手する必要があります。

防災士試験の過去問については、以下の記事でご紹介しました。

このうち、数年分の過去問を使って試験対策ができる問題集となると、以下の2つに絞られます。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

以下では、この2つの電子書籍を無料でスマホにダウンロードして、無料アプリで勉強する方法をご紹介します。

なお、iPhoneでの操作説明のみとなりますので、他の端末の方は読み替えてください。

KindleおよびKindle Unlimitedとは?

まず最初に、冒頭に出てきたKindle(キンドル)について、簡単に説明します。

Kindleとは、Amazonの電子書籍サービスのことで、電子書籍自体は「Kindle本」と言います。

紙の書籍がそのまま電子化されたもので、電子書籍リーダーである無料の「Kindleアプリ」を使って読みます。

Kindle本は紙の本より割安になっていますので、紙の本の代わりにKindle本を買うだけでもかなり安くなります。

また、電子データなので、スマホがあれば、いつでもどこでも本を読むことができます。

そして、さらにお得なのが、Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)です。

Kindle Unlimitedというのは、いわゆる、いま流行りの「サブスクリプション」で、毎月定額制の読み放題サービスとなっています。

なんと、月額980円で200万冊(そのうち和書は12万冊)以上が読み放題というので驚きです。

毎月980円以上の本を買う人は、こちらで読めればその差額分お得になります。

さらに、最初の30日間は無料体験となっていて、この期間は0円で何冊でも読めてしまいます。

そして、解約はいつでも可能。

30日間の無料体験が終わる前に解約すれば、31日目以降からの費用は支払わなくても大丈夫です。

今回対象としている2冊の過去問は、いずれもKindle Unlimitedで読むことができます。(執筆時時点)

そこで、ここでは、このKindle Unlimitedの30日間無料体験を利用して、無料で勉強する方法をご説明します。

Kindle Unlimitedの対象書籍は予告なく変わる事がありますが、既にダウンロードされた本には影響ありません。Kindle Unlimitedの対象となっていることを確認したら、早めにダウンロードしておくのがおすすめです。

防災父さん
防災父さん

30日間無料体験というのは、思う存分お試ししてもらい、このサービスの良さを体感してほしい、というAmazonの戦略ですね。

勉強環境の準備方法

それでは早速、Kindle本を使ってスマホで勉強するための環境を準備します。

Kindle Unlimitedの利用方法

めちゃくちゃ簡単ですが、一応説明しておきますね。

まずは、Kindle Unlimitedに登録します。

登録も利用もめちゃくちゃ簡単なので安心してください。まずは下のボタンから、公式サイトにアクセスします▼

あるいは、ちょっとわかりにくいのですが、書籍の販売画面で、「Kindle版電子書籍」をタップし、その下にあるkindle unlimited欄の「読み放題」ボタンをタップしても、最初は登録になります。

続いてこのような画面になるので、黄色の「サインイン」ボタンをタップします。

すると、Amazonのログイン画面が表示されるので、メールアドレスを入れて「次へ進む」をタップし、次の画面でパスワードを入れます。

下のようなKindle Unlimitedのトップ画面が表示されたら登録完了で、「30日間の無料体験」の始まりです!(笑)

防災父さん
防災父さん

Amazonにログインするだけで登録完了、ということですね!

ここで注意です!!「30日間無料体験」が使えるようになったら、「防災士の本」はひとまず置いておいて(?)「その他の本」を探したくなる誘惑にかられます。(笑)しかし、今回は、防災士の勉強をするために登録したことをお忘れなく!
試験までの時間と無料期間は限られていますので、より道せずに、引き続き、防災士の本をダウンロードしましょう。(笑)

Kindle本のダウンロード方法

続いてKindle本のダウンロード方法です。

これもめちゃくちゃ簡単です。

先の画面の一番上にある検索ボックスに、「防災士 過去問」と入れて検索ボタンをタップします。

上のように検索結果が表示されたら、お目当てのタイトルで「Kindle版(電子書籍)¥0 kindleunlimited」と表示されている下の本をタップします。

その本の詳細が表示されたら、「無料で読む」ボタンをタップすると次のような確認画面が表示されます。

これでダウンロードできるようになりました。

防災父さん
防災父さん

検索してボタンをタップするだけですね。

Kindleアプリのダウンロード方法

最後に、Kindle本を読むために必要な、無料のKindleアプリのダウンロード方法です。

これは初回だけの作業ですが、やっぱりめちゃくちゃ簡単です。(笑)

先の画面で「Kindle for iOSに移動」ボタンをタップすると、App StoreのKindleアプリのダウンロード画面に飛びます。

ここで青い「入手」ボタンをタップすると、アプリのダウンロードが始まり、終わったら、ボタンの文字が「開く」に変わります。

防災父さん
防災父さん

よくあるアプリのダウンロード手順ですね。

続いて「開く」ボタンをタップすると、Kindleアプリが起動し、ホーム画面にKindle本がダウンロードされます。

これで、Kindleアプリで、Kindle本が読めるようになりました。

防災父さん
防災父さん

やっぱり、ボタンを押していくだけですね。

2冊目のダウンロード方法

さて、2冊目は、Kindleアプリで検索してダウンロードします。

このアプリの上端にある検索窓に「防災士」と入れて検索ボタンを押します。

画面の下の方に検索結果が一覧表示されるので、この中から探していた本をタップします。

本の詳細が表示されたら「読み放題で読む」をタップします。

確認画面が表示されたら、「今すぐ読む」をタップします。

すると、Kindle本がダウンロードされて、表紙が表示されます。

表紙をタップしてKindleアプリ画面に戻ると、2冊のKindle本がアプリに取り込まれていることが確認できます。

Kindleアプリのライブラリページ

これで、勉強する準備が整いました!

防災父さん
防災父さん

ちょっと説明は長くなりましたが、ここまで作業時間はそれほどかかりません。(笑)

KindleアプリでKindle本を勉強する方法

さて、いよいよ、ここからは、KindleアプリでKindle本を読みながら勉強する方法をご紹介します。

なお、この2冊ですが、Kindle本のファイル形式(フォーマット)が違いますので、以下では、一冊ずつ、その本に合った使い方をご説明します。

Kindle本のファイル形式によって、Kindleアプリの使える機能(メニュー)も異なってきますので、ご注意ください。

メニューや機能の詳細説明は省きますが、それほど多くないので、少しの間、あちこちいじってもらえれば、大体分かると思います。

もし迷う場合は、携帯総合研究所さんの記事「Kindle(キンドル)アプリの使い方まとめ」など参考にしてください。

1つ目のKindle本の使い方

Kindle本の使い方

1つ目のKindle本を開き、過去問のページを見ると、以下のように表示されます。

Kindleアプリで全画面表示したところ

こちらは、紙の本と違い、アプリで読みやすいように、1ページに1問表示されるよう、再編集されています。

問題文と3つの選択肢がセットになっていて、文字も大きいため、スマホの小さい画面でも大変読みやすくなっています。

解答のページ

同様に、解答のページも1ページに1問ずつになっていて、読みやすいですね。

また、詳しい解説があり、防災士教本の関連ページも記載されていますので、振り返りに便利です。

問題演習のやり方

さて、早速、問題を解いて答え合わせをしようとすると、まず、問題ページから解答ページまで、どうやって移動しようか迷います。

問題をバラしたため、ページ数が多くなり過ぎて、問題ページと解答ページ間の往復がスワイプ操作では大変なのです。

でも大丈夫です。

Kindleアプリには、これを解決するための特別なユーザーインターフェイスが用意されています。

前のページへ移用する吹き出し

上の画面で右下に「594に戻る」と表示されている吹き出しがそれです。

これをタップすると、瞬時に前のページに戻ることができるので、本のページ数が多くても快適に使えます。

これを使ったページの操作手順は以下にまとめましたので、必要に応じてご覧ください。

この問題集は、問題が250問並んだ後に答えが250問並んでいます。

そのため、ある問題ページから対応する解答ページまで手動で移動するには、250ページ分スワイプしなければならず、非常に大変です。

しかし、これについては、以下の操作で解決出来ます。

まず最初は、目次を使って「過去問題」のページへ移動します。

具体的には、以下のようにします。

全画面表示の時は、画面をタップして、アプリ画面に戻ります

アプリメニューの左にある3本線のマークをタップして、以下の様な目次を表示します。

この中から「2.過去問題」をタップすれば、過去の問題ページの先頭の問題1に移動できます。

画面をタップして全画面表示にし、問題1を解いたら、問題1の解答を見に行きます。

全画面表示で画面をタップしてアプリ画面に戻り、目次から「4.過去問題 解答」をタップして、解答ページの先頭の解答1へ飛びます。

画面をタップして全画面表示にし、解答1を見たら画面をタップしてアプリ画面に戻ります。

左下に表示されている前回見たページの吹き出しをタップして、問題1に戻ります。

問題1でスワイプして、問題2に移動し、画面を、タップして全画面表示にして問題2を解きます。

解き終わったら、画面をタップして、アプリ画面に戻り、右下に表示されている前回見た解答1の吹き出しをタップして、解答1に戻ります。

解答1でスワイプして、解答2に移動し、画面をタップして全画面表示し、読み終わったら画面をタップしてアプリ画面に戻ります。

ページ読むたびに画面をタップして全画面表示にするのは、文字を見やすくするためと、そのページを見たことを記憶しておくためです。

以下同様にして、吹き出しの瞬間移動機能を使って、問題3→解答3→…と解き進めることができます。

この機能、最初は何コレ?と思いますが、慣れてくるととても便利です。

上記の操作でページを移動しながら、順番に問題を解いて行き、最後まで一周します。

できなかった問題があれば、ページ右上のリボンをタップして、付箋を貼って行きましょう。

ページ右上の青い付箋

付箋を貼ったページには、メニューのノートマークで表示される付箋の一覧から直接移動できます。

2周目として、付箋を貼ったページだけはじめからやり直して行き、出来るようになったら付箋を外しながら、最後まで行きます。

こうして付箋が無くなるまで何周か繰り返し、全問マスターを目指しましょう!

フラッシュカードを使った過去問クイズアプリの作り方

上記のアプリ機能だけでも十分問題演習ができるのですが、Kindleアプリには、さらにすごい機能として、フラッシュカード(単語帳)機能が付いています。

これを使えば、この過去問題集をそのままクイズアプリにすることができます。

防災父さん
防災父さん

有料のクイズアプリを買ったり、別途単語帳アプリを探したりしなくて済みますね。

最初に、クイズの作り方を説明しますね。

まず、正解と解説のページで、クイズにしたい問題について正解を確認しておきます。

次に、クイズにする問題文に対して、「正解の選択肢の番号と文章」を選択してコピーしておきます。

続いて「問題文」の番号と文章を指で選択し、ポップアップメニューのパレットから好きな色のハイライト(マーカー)を付けて保存します。

再度同じ問題文をタップして選択し、ポップアップメニューのメモマークから空のメモを開き、ペーストします。

これで、ハイライトの問題文とメモの正解のセットが記憶されました。(アプリ上端のメモ帳マークで確認できます。)

問題文や解答文をタイピングする必要はなく、コピペだけで作れるので、とても簡単ですね。

なお、問題は何問でもOKですので、好きなだけ用意してください。

Kindle本の文字列のアプリ外へのコピーは回数制限がありますが、Kindle本内のコピーは何度でも可能です。

問題が用意できたら、アプリ上端の右端にある縦3点メニューから、「フラッシュカード」を起動します。

画面中央の「+」をタップして、デッキと呼ばれる「単語帳の束」に、事前に用意した問題(ハイライトとメモ)を取り込めば、過去問クイズアプリの完成です!

フラッシュカードの最初の画面

過去問クイズアプリの使い方

過去問クイズアプリの使い方は簡単です。

紙の単語帳と同じで、アプリの「表」に問題文が表示され、「裏」には正解が表示されています。

表の問題文を読んで頭の中で解答を考えたら、画面をタップして裏を表示し、正解だったか確認します。

正解なら緑の✅ボタンをタップする(又は画面を右にスワイプ)、不正解なら赤の❌ボタンをタップ(又は画面を左にスワイプ)します。

フラッシュカードの最後の画面

全問解き終わったら、正解率が表示され、「不正解の問題を復習」するか、「やり直す」か選びます。

こうして、ゲーム感覚で楽しみながら、全問正解するまで繰り返せば、知らないうちに試験対策ができてしまうでしょう。

防災父さん
防災父さん

コレ、結構楽しいので、ハマってしまうかもです。(笑)

Kindle本に自分で付けたマーカー、メモ、付箋、デッキなどは自動保存されるので、消える心配はありません。一度作ったら、いつでもどこでも使うことができます。

過去問と予想問題の取り組み方

このKindle本は過去問40問程度に加え、その約5倍の予想問題がついており、かなりボリュームがあります。

全てやり通すのは結構大変なので、まずは、過去問を何度もやり直して完璧にして、余裕があれば、予想問題に取り組むのが良いでしょう。

防災士試験は毎年かなり同じ問題が出ますので、過去問を先にマスターするのが先決です。

その上で予想問題に取り組み、新しい問題にも対応出来る力を付けておくのが良いでしょう。

防災父さん
防災父さん

過去問+予想問題で力を付けて、満点が取れるといいですね。(笑)

2つ目のKindle本の使い方

Kindle本の使い方

続いて、2つ目のKindle本の使い方を説明します。

2つ目のKindle本を開き、問題のページを見ると、以下のように表示されます。

問題の1ページ目

何やら1冊目と雰囲気が違いますね。

こちらは、A4サイズの紙の書籍をPDFファイルのようにそのまま電子化しています。

なので、スマホの1画面の中に4~5問表示されてしまい、文字が小さ過ぎて読めません。(笑)

スマホを横向きにして画像を拡大したところ

しかし、拡大してスマホを横向きにすれば、きれいな文字で表示されるので、(ひと手間かかりますが)問題なさそうです。

逆に、こちらは1冊目と違って、1ページに数問まとまっており、ページ数は少なくなっているので、問題と解答を行き来するのが楽にできます。

加えて、Kindle本用に、一年度ごとに問題が30問並んだ後に、解答を30問並ぶように再編集してあるので、ページ間の移動は数ページで済み、スワイプで十分対応できます。

解答と解説1ページ目

こちらは、解答のページにも、問題文が再度書いてあり、解答のページだけで、問題→正解→解説とまとめて読めます。

こちらにはフラッシュカード機能は付いていませんが、解答ページを見ているだけで問題演習ができてしまいます。

防災父さん
防災父さん

最初、文字が小さくて、どうなることかと思いましたが、これはこれで使いやすいですね。

出題傾向の把握方法

こちらの問題集を解いていくと、毎年同じ問題が繰り返し出されており、どの問題が良く出ているか、近年はどんな問題が出ているか等、よく分かります。

1冊目の問題集では重要度をアルファベットで示してあるのでそれを信じる形になりますが、こちらは、どの年度にどの問題が出たのかがリアルに分かるので、より実感が沸きます。

また、そうした問題は飛ばせるので、1年目は30問すべて解きますが、2年目以降はあまり時間がかからず、新しい問題に集中して取り組めるでしょう。

過去問は1年度30問で5年分あるので全部で150問になりますが、実質的な問題数はかなり減ることが分かります。(厳密には数えていませんが、1冊目の本では過去問は40問程度に集約されてますね。)

こちらは問題数が少ない分、1つ目の本よりも短時間でやり終えることができるでしょう。

防災父さん
防災父さん

予想問題がどれだけあるかが大きな違いと言えますね。

予想問題は、どちらの本も用意されていますが、そのまま出題されることは期待できません。何故なら、すでに試験問題製作者には、ネタバレしてますから。(笑)
ですので、これは、防災士教本で自分で勉強した知識を確認するための問題として取り組むのが正解ですね。

KindleおよびKindle Unlimitedのメリット・デメリット

さて、最後に今回利用したKindleおよびKindle Unlimitedのメリット・デメリットについて、防災士試験対策の視点でまとめておきます。

メリット

・Kindle本はダウンロードすればすぐに勉強に取り掛かれる。
・重たくないのでいつでもどこでも勉強できる。
・Kindle Unlimitedなら何冊でも30日間は無料で読める。
・Kindle Unlimitedなら過去問を2冊とも読めるのでどちらにするか悩まなくて済む。

Kindle本はダウンロードすればすぐに読めるので、試験までに日にちが無い!という人にもおすすめです。

30日間の無料体験期間に過去問のKindle本をダウンロードして、Kindleアプリで勉強すれば、完全無料で試験対策ができてしまいます。

通常、問題集を購入するにはどれにしようか迷いますが、Kindle Unlimitedなら読み放題なので、全部読めてしまいます。

一つの本が使いにくいので別の本に変えるとか、一つの本が案外早く終わったのでもう一冊やる、といったことも自由自在です。

紙の本を購入する前の試し読み(立ち読み?)として使えば、購入後に後悔することはありません。

無料で試験対策をする場合のポイントは、試験日から逆算して30日前から開始することと、30日以内に必ず解約することです。
忘れずに解約するコツは、Kindle本をダウンロードして、Kindleアプリで読めることを確認したら、すぐに解約しておくことです。
驚くことに、この無料お試しは、途中で解約しても30日間は無料で全機能が使えるようになっているので、ぎりぎりまで待って解約しなくても大丈夫です!

なお、Kindle Unlimitedは、登録や利用もめちゃくちゃ簡単でしたが、解約も簡単(30秒!)なのでご安心ください。

Amazonのヘルプ「Kindle Unlimited会員登録をキャンセルする方法」をタップして以下の画面を表示します。

キャンセル画面

ここで、「Kindle Unlimitedの会員登録を管理」ボタンをタップしてログインすると、簡単に解約できます。(下段に動画の解説もありますね)

防災父さん
防災父さん

これでも、電子書籍業界では、サービスが少ない方らしいので、驚きですね。(笑)

デメリット

・スマホで読むKindle本は、紙の本より文字が小さく読みにくい。
・Kindleアプリの使い方を覚えるのが面倒くさい。
・色々な本が読めてしまうので、防災士試験の勉強そっちのけになってしまう。(笑)

確かに、A4サイズの紙の本と比べれば、スマホの画面は小さく読みにくいのは間違いありません。

しかし、普段、スマホでニュースやSNSなどの文字を読んでいる事を思えば、それほど違和感は感じないでしょう。

あと、Kindleアプリの使い方は、ちょっと独特なところがあるので、最初は正直戸惑います。

しかし、どんなアプリでもそうですが、慣れてこれば使いやすくなってきますので、これも大きな問題にはならないと思います。

3つ目ですが、Kindle Unlimitedは和書でも12万冊以上あるので、どんな分野の本でも大抵あります。

当然、防災関係の本や救急救命の本、各種資格関係の本や効果的な勉強法の本などもたくさんあります。

なので、他の本を読みすぎて、防災士の試験勉強をする時間がなくなってしまうことが最大のデメリットです。(笑)

実際、どのような本があるかは、AmazonのKindle Unlimited読み放題のページを表示し、画面上端の「ログイン >」からログインすれば、事前に確認できます。

あまりに便利すぎて、30日間も使い続けると、やめるのが惜しくなってきたりもします。(笑)

しかし、今回は、あくまでも、防災士試験の過去問を無料で使うためなので、初志貫徹、心を鬼にして、用が済んだら早めにやめるのが正解です!

ちなみに、一回やめたあと、将来使いたくなっても、再開はすぐにできますので、さほど支障はありません。

防災父さん
防災父さん

さすがに、再開時は有料ですが、

時々開催される「2ヶ月99円キャンペーン」などを使って再開すれば、ほぼ無料ですね。(笑)

まとめ:防災士の過去問は30日間無料体験でマスターしよう!

Kindle Unlimitedの30日間無料体験を使って、過去問のKindle本2冊をスマホにダウンロードし、Kindleアプリを使って勉強する方法をご紹介しました。

防災士試験の問題は3択で複雑な問題はなく、知識として理解できれば頭に入ってくるため、30日間ですべてマスターするのも十分可能です。

フラッシュカードを使った過去問クイズアプリは、以外と簡単にでき、楽しく勉強出来るので、おすすめです。

そこまでしなくても、単純にスマホで過去問を見ながら、頭の中で解くだけでも十分使えると思います。

また、もしまとまった勉強時間が取れる方なら、自宅では防災士教本や紙の過去問を使ってじっくり勉強しつつ、外出先ではKindle本を使ってスキマ学習する、というのもいいですね。

使い方は人それぞれで色々考えられますが、いずれにしても、この時代、情報ツールは是非活用したいものです

なんと言っても、Kindle本のすごさは、いつも肌身離さず持ち歩いているスマホの中にすべての本が入ってしまうことです。

スマホでLINEを確認したついでに1問だけ解く、メールを確認したらもう1問解く、という感じで周囲を気にせず、いつでもどこでも使えます

何度も何度も繰り返して解き、記憶を定着させるのに最適なツールと言えますね。

この効果は、若い方よりも中高年の方への強い味方となるもので、一度使えば実感していただけるでしょう。

是非この情報ツールを入手して、防災士の試験対策にフル活用されれば、楽々合格ラインを突破できるでしょう!

この記事が、少しでも皆さまのお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。m(_ _)m

♢♢♢

防災士試験の過去問については、以下の記事でまとめていますので参考にしてください。

これから防災士試験に挑戦しようかなと考えている方は、以下の記事も参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました