冷蔵庫が突進してくる!?冷蔵庫は「転倒防止ベルト」で固定しよう!

防災グッズ

[PR]  この記事にはプロモーションが含まれています。

こんにちは、防災父さんです!

キッチンで一番大きい家電製品と言えば何でしょう?

答えは、冷蔵庫ですね。

近くのヤマダ電機で見て来たら、一番大きい物で139kgでした!

これに食材を詰め込んでいったら200kgを超えてしまいますね。

防災父さん
防災父さん

200kgといったら大きいお相撲さんと同じくらいですね。

大きな地震がきて、これがドーン!と突進して来たら、ひとたまりもありません…。

そこで、我が家では、冷蔵庫を「転倒防止ベルト」で壁に固定しました。

以下、簡単に、ポイントをご紹介します。

\ スポンサーリンク /

取り付け方

転倒防止ベルトの取り付け方は、冷蔵庫の後ろにある取っ手に専用のベルトを通し、背面の壁に固定するだけです。

とはいえ、冷蔵庫が倒れないためには、支える壁がしっかりしている必要があります。

そこで、まずは、壁に補強材の板を取り付けます。

我が家の壁は石膏ボードで出来ているので、下地材に向けて、補強材をネジ止めしました。

次に、転倒防止ベルトの金具を壁の補強材にネジ止めします。

最後に、転倒防止ベルトを冷蔵庫の取っ手に通し、締め上げながらバックルで固定します。

出来上がると、こんな感じです。

防災父さん
防災父さん

簡単ですね。

材料と道具

冷蔵庫の転倒防止に使う、主な材料と道具をご紹介します。

まずは、冷蔵庫用の転倒防止ベルトです。

各冷蔵庫メーカーから販売されているものを用意します。(↓はパナソニックの例です。)

お使いの冷蔵庫メーカーの転倒防止ベルトを知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

次は、補強材です。

ホームセンターや100均で、なるべく堅くて丈夫なものを入手します。

最後は、壁の下地材を探す道具です。

「下地センサー」や「どこ太」が便利です。

防災父さん
防災父さん

壁をコンコン叩いていって「音が高くなったら下地アリ」と判別する方法もありますが、道具を使った方が正確ですね。

後は、ノコギリやプラスドライバーは家にあるものでOKです。

まとめ

冷蔵庫の転倒防止器具には色々なタイプがありますが、冷蔵庫用の「転送防止ベルト」が最適です。

その証拠に、メーカーの純正品は「転送防止ベルト」しかありません!

取り付けはとても簡単で、効果が大きいので、まだの方は早めの対策をおすすめします。

♢♢♢

冷蔵庫の他に、電子レンジの地震対策も気になっている方は、こちらを参考にして下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました