Home > 大地震の発生確率は上昇中!

大地震の発生確率は?

下記は「全国地震動予測地図」と呼ばれ、地震調査研究本部より毎年公開されています。

色が濃いほど地震が起こる確率が高いことを表していますが、太平洋沿岸を中心に日本全国が赤く色付いている様子がわかります。

今後30年以内で、東海地震で85%超、東南海・南海地震で60〜70%、首都直下地震で70%超と大地震の発生確率は年々高まっています。




大地震に備え心の準備を

地震は、いつか必ず、しかも突然発生します。地震発生そのものを避けることはできませんが、地震による被害を減らすための取り組みはできます。

一人ひとりが取り組む(自助)こともありますし、ご近所同士などの集まりが共同で取り組む(共助)こともあります。地域社会では、企業も重要な一員であるので、企業も自らの防災対策を充実させるとともに、他の地域住民等と連携して防災対策を進めることが重要です。

皆さん一人ひとりが日頃から防災対策に取り組むことで、皆さん自身の安全も確保できますし、地域社会全体の防災力の向上にもつながっていきます。一人ひとりが「できること」に普段から取り組むことで、地震防災対策は充実していくのです。


本サイトでは、地震対策や地震発生時のポイント、さらには、実際に被災した場合をストーリー形式でまとめてみました。みなさんの防災対策にお役立て下さい。